いわき市常磐 医療法人社団 心生会のご紹介
9月のプログラム
作 業 療 法
“タッセルのストラップ作り”
 合皮の布に切り込みを入れ、右端からくるくると巻き付けストラップを作りました。布は5色、青・赤・金・銀・緑の中から好みの色を2色選んで頂きました。「私は赤がいいわ。」と赤を好まれる方が多くいました。仕上がった作品を手にすると「簡単に作れ、色の組み合わせもいいわ。「バッグに付けたら素敵ね。」と大変気に入り、早速バッグに付け、おしゃれを楽しまれていました。
“10月のカレンダー”
 サルビアの花は、お花紙を長方形に切り両端をひねりふんわりと丸め、キャンディー包みにしています。きれいに咲いて見えるよう、中央に線を引き、それに沿ってバランス良く貼り付けました。
 コスモスは、和紙を花びらの形に切り8枚貼っています。中心となる位置に丸印を付け、花びらが重ならないよう放射状に貼っています。「沿道や花壇にもいっぱい咲いているね。秋らしい花だね。」と秋晴れの気持ち良い日を連想され、丸める、貼る、などの作業を行うことで手指機能の維持、向上が図られました。 
レクリエーション
“足でお手玉ホールインワン”
 足の甲にお手玉を乗せ、穴に入れるゲームです。穴の中に何個入ったかを数え、一番多く入れた人の勝ちになります。
 眼の前にすぐ箱があり「ちょっと蹴ったら入りそうだね。」と意欲的に参加頂きました。しかし、距離と高さを合わせることが難しく、なかなか入れることが出来ませんでした。
 距離が近いため、蹴り上げの力を抜きすぎていたようです。「見た目とぜんぜん違う。入りづらいな。」と何度も蹴り上げの力加減を調整されていました。股、膝の可動域を十分に広げ笑顔で楽しまれていました。
“ジグザクひも通し”
 18本のピンの闇をジグザクに紐を通していくゲームです。
 制限時間を設け、チャレンジ頂きました。ジグザグとわかっていても気が焦り隣のピンにつなげたり、一個飛ばしてしまう方もいました。しかし、2周後半になると、皆様とても上手に通すことが出来ていたので、ダブル通しにも挑戦して頂きました。片手で紐を通し、もう一方で紐を押さえたり、通し方にも工夫があり、ピンの周りを輪状にしたり、片麻痺の方は、板材を一回転させ通しやすい方向に換えるなど、見ていた利用者様からも「なるほど、そうやったら通しやすいね。いい方法だね。」と各自独特な手法に関心される場面がいっぱいあったゲームでした。
今月のランチメニュー
・ご飯
・とんかつ
・ポテトサラダ
・ホタテの酢の物
・漬物
・すまし汁

 とんかつは、衣がサクサクとしてお肉がジューシーです。食べやすいサイズの厚みで、旨味が凝縮されています。
 ポテトサラダや酢の物もあり、「どれを食べても美味しく、お腹いっぱいだ。」と満足して召し上がられました。

10月のプログラム
作 業 療 法
・11月のカレンダー
・秋の壁画
レクリエーション
・ボトル移し
・宝拾いゲーム
※楽しいプランが一杯です。
 是非デイサービスを利用してみませんか。
 お待ち致しております。
織内健康デイサービスセンターは、
在宅における要介護状態にある高齢者の方が、日中通所する事により、専門職員の指導のもと個人にあわせたリハビリ、作業療法、レクリエーションを行い、心身の回復を図り、健康維持をしていく事を目的としています。
バランスのとれたおいしい食事や源泉かけ流しの温泉入浴も好評です。
入浴は、含硫黄温泉で、「かけ流し温泉入浴」を実施し、冷え性や循環障害の方、皮膚病やうつ病などに効能が高いとされています。
運動、おいしい食事、温泉入浴で、心身ともにリフレッシュして頂けます。

※体験利用は随時受付しておりますので、ご連絡お待ち致しております。
■織内健康デイサービスセンター 
TEL.0246(44)0915 FAX.0246(44)1160
医療法人 社団 心生会 
〒972-8318 福島県いわき市常磐関船町迎16 TEL.0246(44)1133 / FAX.0246(43)6601
Copyright(c)2007 All rights reserved